ショートスリーパーは寿命が短く、認知症になりやすいって本当なのか?

講師 赤木
  • “ショートスリーパーは長生きできない”
  • “認知症になりやすくなる”

と言われることがありますが、

実際のところはどうなのでしょうか?

 

実際のところというのは、やはり

現役の長生きしている

ショートスリーパーに聞けということで、

87歳のある男性と会ってきました。

 

実際に87際のショートスリーパーに会って来た

先日、櫻井秀勲さんに会って来ました。

櫻井先生と呼ばれることが多い櫻井秀勲さん。

 

ご存じの方も多いかと思いますが、

現在87歳で社長業・編集者、

作家・講演家として活動されていて、

女性自身の編集長に31歳の若さで

抜擢された方です。

 

櫻井先生は、31際の時に”女性自身”の編集長に

抜擢された理由は、

あまり寝なくても大丈夫だから

 

 

つまり、自他ともに認める

ショートスリーパーだったそうです。

 

そんな櫻井先生ですが、冒頭の、

  • “ショートスリーパーは寿命が短くなる”
  • “ショートスリーパーは認知症になりやすくなる”

という噂話を一蹴し続けています。

 

31歳から寝る間を惜しんで活動されていれば

徐々に活動レベルが低下しそうですが、

むしろ、破竹の勢いで活躍されていきます。

 

その①:55歳で作家デビュー

“長らく編集長をされていたのであれば、

55歳で作家デビューしても不思議じゃない”

と突っ込まれた方。

 

そうかもしれませんが、作家デビューをされた後が

凄まじいのです。

 

55歳で作家デビューをして、その後、

精力的に執筆活躍を続けられています。

 

これまでの著書数は

な、な、なんと…

 

 

200冊以上!

 

つまり、23年間に200冊以上ですので、

年に6冊以上書かれている計算となります。

 

年に6冊本を読んでいるではなく

書いている!のです。

 

 

その②:82歳で会社を立ち上げる

82歳できずな出版という出版社を立ち上げました。

82歳で退社ではなく、立ち上げです。

 

厚生労働省の発表によると

2016年の男性の平均寿命は80.98歳だそうです。

現在、櫻井先生は87歳です。

平均寿命を過ぎて会社を始められたことになります。

 

補足情報

櫻井先生が編集者として

これまで関わってきた書籍の発行部数が

5億4000万部!

 

関わってきた文豪は

太宰治・川端康成・三島由紀夫・松本清張

 

桁外れな数字と歴史上の人物の登場でビックリされたかと思います。

私も直接聞いて興奮が収まりませんでした。

 

 

実際にお会いして感じたこと

先日、櫻井先生とお話する機会がありました。

失礼な言い方かもしれませんが、

元気さに圧倒されました。

 

どれくらい元気かというと

平日19時〜20時半の勉強会を終えた後

21時〜23時の懇親会で、

最初から最後まで、1番お話をされていました。

 

1番楽しそうに笑われていました。

 

会場の時間制限が無ければまだまだ行けますよ。

という雰囲気が漂っていて、

帰り間際まで元気でした。

 

失礼な言い方かもしれませんが、

認知症という言葉がまるで感じられませんでした。

スーパー元気です。

 

 

その他の有名な高齢のショートスリーパー

日本は長寿大国と言われるだけあって

櫻井先生以外にも

ショートスリーパーで長く活躍されている方が

たくさんいらっしゃいます。

その中のお一人を紹介致します。

 

聖路加国際病院の故日野原先生

昨年お亡くなりになられた、

聖路加国際病院の日野原重明先生。

105歳まで現役を貫かれたスーパードクターです。

この日野原先生も実はショートスリーパーでした。

 

90歳前半まで1週間のサイクルが

6日4時間半睡眠と1日の徹夜

だったそうです。

 

この話を聞いて

医師というストレスや葛藤が多い職業で

その生活スタイルを何十年も維持されていた姿に、

驚かれた方も多いかと思います。

 

一方で、ショートスリーパーだったから

むしろ医師という職業でも元気に最後まで

現役を全うされたのではないかとも思います。

これが弊社の考え方です。

 

他にも、明石家さんまさんやむつごろうさんなども

ショートスリーパーです。

 

もちろん、紹介している数が少ないという

ご指摘はもっともな話ですが、

少なくとも全員が全員病気にかかったり、

寿命が短いかと言われるとそうではないのです。

 

最後に

今回はショートスリーパーになると

将来が不安というご質問を先日頂きましたので、

そのことについて書いてみました。

 

今回は寿命をテーマにして記事を書いてきましたが、

もしもそれ以外のことも気になるということでしたら

是非ともNature sleep説明会にご参加ください。

 

90分睡眠の講師があなたの疑問にお答えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です