出来杉くんとのび太くんとの差

 


今回、メールマガジンに寄せられた質問がこちら

メルマガ読者さん

睡眠中は記憶が整理されるため、寝る前に行った出来事をより覚えるようになると世間一般で言われている気がします。

その効果は短眠でも同様にありますでしょうか?

 

また寝る前の出来事を覚えやすいというのは本当なのでしょうか?

睡眠時間と記憶に関する効果は比例しないのでしょうか?

 

教えていただきたいです!よろしくお願い致します!

(17歳 男性 高校2年生)
代表 堀

ありがとうございます!

講師 下田

ありがとうございます!

代表 堀

そうですね。

高校生にとって記憶というのは大事な部分だと思います。

講師 下田

そうですよね。

代表 堀

えーと…僕が思う記憶の大事な部分とこの方が考えている記憶の大事な部分は恐らく違うのですよ。

講師 下田

違うのですか…。

代表 堀

どういうことかと言いますと、高校生の時とかは、感受性豊かな時に感じた物事を覚えることが大事だと思うのですよ。

例えば好きな人にフラれたとか…。

文化祭を皆でやって凄い達成感があった時などが、僕は大事だと思うんですよ。

代表 堀

そしてこのような記憶は、睡眠で強化が行われる部分でもあります。

睡眠を取ることで記憶が整理されると言われていますが睡眠によって記憶の整理はされません。



代表 堀

睡眠中に行われているのは(主に徐波睡眠時であろうという感じなのですが)睡眠によって記憶は整理ではなく、強化されていきます。

講師 下田

(徐波睡眠…入眠後すぐに出る睡眠のことですね。)

代表 堀

その強化というのは仰られている通り、入眠に近ければ近いほど記憶は強化されていきます。

代表 堀

ですが、恐らく高校二年生なので受験や勉強のために…という意図で仰っているのだと思いますが、勉強のための強化率は極めて薄くなります。

講師 下田

薄くなってしまうのですか?

代表 堀

はい。

僕が初めに冒頭でお伝えした、文化祭であったり、彼女にフラれたであったりとか、感情的なものの記憶というのは非常に濃く残ります。

講師 下田

睡眠を取るとですか?

代表 堀

そうですね。

“睡眠を取る”というよりは“入眠をする”という話になるんですけど、そこはちょっとおいておきましょうか。

講師 下田

はい。

代表 堀

例えばなんですけども、動物で考えてみてください。

講師 下田

動物…。

代表 堀

なぜ睡眠時に記憶の強化が行われるかというのを、動物の世界から考えるべきなんですよ。

講師 下田

動物の世界から?

代表 堀

睡眠というのは視床下部というところで行われます。

間脳の中の視床下部という部位に睡眠中枢と言われるところがあるんですけども、これは原子の脳と言われているわけです。

講師 下田

原子の脳?

代表 堀

はい。

つまりは人間以外もここの部位はあるわけですよね。

人間というのは大脳が凄く発達している生物なんですけども、大脳と睡眠は、実はほとんど関係なくてほとんどの、睡眠中枢は間脳にあるわけですよ。

講師 下田

そして、睡眠時間の長さと入眠時の記憶の強化は比例しません。

ほとんど、入眠時の冒頭辺りで個々の強化というものが行われていると考えられます。(徐波睡眠は睡眠の冒頭で出現するが後半ではまったく出ないため)

つまり、ショートスリーパー ®の方が入眠回数を増やせるため有利と言えます。

代表 堀

例えば、夜が一時間睡眠とします。

夜1時間睡眠ということはその後活動することができるんですね。

活動して日中にもう一回この徐波睡眠が出る睡眠をとってですね。

また活動して、またパワーナップ(徐波睡眠が出る)というような15分以下の短い仮眠を取ることで、記憶の強化が期待できるような形になったりします。

 

また、夜1時間だけ睡眠を取ることと、1日1回7時間の睡眠を取ることは、どっちのほうが効率がいいのか。

明らか記憶の強化においてショートスリーパー ®の方が有利だと思います。

代表 堀

あともう1点大事な点があります。

のび太くんのような形であまり勉強しないで寝てばっかりな人と、出来杉くんみたいに勉強をとても頑張っている人で比較すると…(どちらも睡眠時間は同じと仮定してですね…)

講師 下田

出来杉君みたいな人ですか…。

代表 堀

はい。

記憶の強化というものの掛け算で勝負した場合に、分母として勉強を10時間している人勉強を1時間している人

これに対して掛け率、記憶の強化の掛け率と言うものがかかると、睡眠時に10倍記憶が強化されるとかそのぐらいでないと追いつかないということですよね。

 

つまりは、記憶の強化をするために大元となる記憶がないと、お話にならないということなんです。

「0」になにかけても「0」なわけですよ。

経験してないものの記憶の強化なんてしようがないのですよ。

 

ショートスリーパー ®の方は経験値が物凄く多いので、普通に生きている人が、ショートスリーパー ®の人に勝てるわけ無いんですよ。

講師 下田

はい!

代表 堀
なので、記憶の強化というのを睡眠に期待しているということであれば、恐らく、違うことになるのではないかなと。

そして、記憶に関しては色々言ってきましたけども、短眠になりたいということであれば、恐らく短眠になる方が得たい効果は得られるのではないかなと思います。

講師 下田

はい、思います。

(最初の話に戻りますが…)一般的な睡眠に関する情報だと、寝る方が頭の中が整理されるというのが…。

代表 堀

あ、そうなんですね。

講師 下田

私もおなじことを高校生の時にしていて。

代表 堀

そうなんですね。

講師 下田

勉強を寝る前に絶対して。

代表 堀

それはいいんじゃないですか?

講師 下田

そうなんですね。

代表 堀

入眠に近いほうが覚える割合自体は多いので、勉強に関連した記憶が伸びるというか、強化される率は他に比べて薄いということです。

講師 下田

勉強を、はい。

代表 堀

ただ強化はちょっとされますよ。ちょっとは。

講師 下田

ちょっとですか…。

代表 堀

ちょっとはされますよ!

講師 下田

極小な感じでしょうか?

代表 堀

そうですね。

講師 下田

ちょっとを狙っていただいて。

睡眠時間が短くなったら、その分勉強したほうが上がるという。

代表 堀
そうですね。

(短眠になって)ひたすら勉強という時間をとる!

(学力向上は)これが一番の近道ではないかと思います。

講師 下田

そうですね、夢たかだかと言いますか、素晴らしいと思います。

代表 堀
是非、達成して欲しいなと思います!
講師 下田

はい!堀さんありがとうございます!

代表 堀

ありがとうございました!

講師 下田

本日のメールマガジン読者限定質疑応答コーナーは以上となります。

睡眠に関するご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

ご視聴ありがとうございました!

代表 堀

ありがとうございました!

講師 下田

次回の動画もお楽しみに!

 

講師 下田

睡眠講師の私も1日90分睡眠を実践しています^^

自分が自由に使える時間が増えることで、自分のやりたいことが格段に増えて毎日充実しています。

さらに、仕事や勉強でよくありがちな眠気に関する悩みも解決出来るようになりました!

 

そんな短眠メソッドNature sleepの説明会を東京・大阪・札幌・福岡などで行っています。

私もこの説明会に参加しますので、是非お越しください!

 

毎回、「受講してよかったです!」や「セミナーに来て短眠になれる確信を持てました!」という声を多数頂いています。

セミナーの申込みは以下のボタンをクリックしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です