1年でもっともショートスリーパーになりやすい季節とは

夏は1年でもっとも短眠になりやすい季節というと意外に思われるでしょうか!?

今回の記事では、このツイートについて深掘りしていきます。

ショートスリーパーになりたい方はもちろん、すでに短眠生活を始めている方、短眠から遠ざかったけど、また睡眠時間を短くしたいと思っている方にも必見の内容です!

 

起床がとにかくラクな季節!

短眠のための7つのルールをご存知でしょうか?

日本ショートスリーパー育成協会代表、堀大輔の著書「できる人は超短眠!」でも紹介されている、睡眠時間を短くしていくために実践する必要のある習慣の結集です。

その1つめに来るのが、「二度寝・スヌーズ機能使用の禁止」です!

つまりショートスリーパーになるためには、はたまた目覚めの良い起床を手に入れるには、二度寝をすることなく一度で起きるのが絶対不可欠!ということです。

夏という季節は、このルールを守るのがもっとも容易な季節と言えます。

 

布団から脱出しやすい

寒い冬の朝を思い出してみてください。

アラームが鳴って起きようとしても、冷え切った部屋の中では、なかなか布団から出られず、その結果二度寝をしてしまっていたのではないでしょうか。

 

しかし夏はそんな心配はありませんね!

 

寒さという強大な敵がいませんので、その分起床の難易度が下がるのです。

 

とにかく明るい

夏は、多くの地域で5時台には日の出を迎えています。つまり、多くの方が起床する頃には、とっくに太陽が出て明るくなっているのです。

一方で冬はどうだったでしょう。

目が覚めても、外は暗いまま。

真っ暗な中で目覚めよく起床するのは難しかったのではないでしょうか?

この点でも夏の起床はとても難易度が低い事がわかります!

 

夏のこの季節に目覚めが悪い方は要注意!!

1年の中でこれほどまでに起床の難易度が低い夏。

 

みなさんは目が覚めたらパッと寝室から出て行動できていますか?

スヌーズ機能を使って、遅刻ギリギリまで起きては寝てを繰り返す、なんてことはないですよね?

 

もし心当たりがある方は、今すぐ改善しましょう!

繰り返しになりますが、二度寝の禁止はショートスリーパーになるための大前提で、これを守れないと短眠への道のりは非常に厳しいものとなります…。

 

睡魔対策がラクな季節!

夏は起床だけでなく、睡魔対策の難易度も低い季節です!

Nature sleepでは睡魔が発生する原因を22個に細分化して、それぞれについて対策を行うカリキュラムを用意していますが、この睡魔の原因に照らし合わせると、夏は冬に比べて、眠くなりづらいです!

いくつか分かりやすい例を挙げます。

 

寒暖の差

再び冬の生活を思い返してみましょう。

凍えるような寒さの中、暖かい自宅に帰ってきたとき、強い眠気を感じなかったでしょうか?今はご自宅に置いていないかもしれませんが、コタツに入ると急激に眠くなった経験はきっとお有りでしょう。

どこかホッとしたような気持ちになると同時に、意識が遠のいていく感覚…

 

これを人々は寝落ちと呼びますが、寝落ちはショートスリーパーになる上では防がなくてはいけません。

人間は本能的に、寒いところから暖かい場所へ移動すると睡魔を感じやすくなるのですが、夏は帰宅する際にこれが起こらない点でとても有利です。

外に出るのにも躊躇がないので、活動的になれることも睡魔の抑制につながります。

 

体調の観点でも有利

冬は夏に比べて、体調を崩しがちですよね。

身体を冷やしやすく、また極度に乾燥することで、風邪をひきやすくなります。

我々人間は、体調不良のときに睡魔が発生しやすくなることは是非覚えておいてください!

 

野生の中で生活していた人間は、身体が万全でないのにむやみやたらに外を出歩くと、天敵の動物に容易に襲われてしまいますから、睡魔を発生させて、安全な場所で睡眠をとることで危険を回避していました。

この名残によって体調不良は睡魔の原因となるのですが、夏はこの点でも有利となります。

夏は夏で、冷房による冷え対策が必要となりますが、冬に比べると非常にイージーです!

 

短眠やるなら今でしょ!

ここまでの説明で、短眠になる上で夏という季節が非常に有利に働くことがお分かりいただけたと思います!

 

夏こそ短眠を始めるのに最適な季節

いつの時期にショートスリーパーを目指そうと、やるべきこと(7つのルールを守る)をしっかりと行うことができれば、いつだって睡眠時間は短くできますし、コントロールすることもできますが、やはりその難易度は無視できません。

長年培ってきた強固な睡眠の習慣を変えるのは簡単なことではありません。自分一人でショートスリーパーを目指す場合は特にそうです。

そこでオススメは、夏のこの季節に、短眠に取り組み始めることです。

難易度が低い今こそ、ショートスリーパーになるチャンス!

暖かいうちに短眠の習慣をしっかりと定着させることができれば、冬が近づいて環境が厳しくなっても、睡眠時間をキープしやすいのです。

 

誰よりも早く1日をスタートして、長い夏を満喫

夏は日の出が早いので、早起きをしてすぐに外に出て行動することができます!

誰もいない道を颯爽とジョギングすることはもちろん、24時間営業のジムに行くもよし、朝活もやりたい放題です。

海やレジャー施設を訪れて「夏を満喫する!」と表現されることが多いですが、日の出とともに行動をスタートさせ、1日を余す事なく充実させることこそ、「夏を満喫」していると言えるのではないでしょうか!

この記事を読み終えたこの瞬間から、ぜひ短眠に向かって行動を始めてみてください。

長い長い夏を過ごせますよ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です