僕らは回答を求めすぎたのではないか

 


今回、メールマガジンに寄せられた質問がこちら

メルマガ読者さん

現在短眠に挑戦中です。

朝一番で新聞を読んだり勉強をしたいのですが、なかなかいい場所が見つかりません。

ショートスリーパー ®の皆様はどんな場所で作業しているのですか?

(17歳 男性 高校2年生)
代表 堀

場所が見つからないという問題ですか…

講師 下田

どうかしましたか?

代表 堀

今回の質問は難儀ですね…

講師 下田

難儀なんですか…?

代表 堀

そうなんです。

なぜかといいますと、朝に開いているお店は少ないのですよ。

講師 下田

確かにそうですね。

代表 堀

名古屋には朝活文化があると言われていて、いくつかのお店は7:00に開店するそうです。

しかし,

ショートスリーパー ®の私たちにとっては遅すぎで、朝4:00から起きて作業をしたい人も少なくないので、もっと開店時間を早くしてほしいですね。

講師 下田

私もそれは分かります!

朝早くに起きたときに作業する場所がないので困っています。

代表 堀

朝4:00から仕事がしたく、近くのコンビニのイートインスペースを活用しようと思ったので行ってみましたら、7:00~24:00までしか座ってはいけないという決まりごとがありました。

流石にこれは驚きました!

講師 下田

イートインスペースにもルールがあるのですか!?

代表 堀

そうなんですよ。

原因は、夜になると血気盛んな若者が沢山出てきてミーティング場所に使われることがあるそうです。

そのような事例があるのでイートインスペースを閉めているわけですよ。

 

質問者様が言われている通り、朝早くから開いているお店は非常に探しづらいのです。

講師 下田

あまり見かけることがないですからね。

代表 堀

この件は日本国内というか、様々な店舗経営者に対して言いたいところでして、もう少し短眠の人にとってより良い世の中にならないのかと度々思います。

講師 下田

私もそう思います。

朝早くから活動できるスペースが欲しいです。

代表 堀

ショートスリーパー ®になられてる方は国内でまだ1000人位で少数派じゃないですか。

講師 下田

確かに少数派ですね…

代表 堀

ショートスリーパー ®はまだ肩身が狭く、世界が短眠の人たちと噛み合っていないという感覚はまだまだありますね。

講師 下田

そうなんですか…。

短眠の方が増えれば変わるかも知れませんね。

代表 堀

それは思います。

8年前と比べると早朝の時間帯にオープンするお店は多くなった気がしますね。

しかしですが、深夜バスで移動した人が、少し早く来たときのために、くつろげる休憩所などが少ないのが正直なところですね。

講師 下田

あまり休憩所は見ないです。

都会にはいっぱいあるのではないですか?

代表 堀

「都会には」と言いますけれど、渋谷の早朝で開店しているお店を調べても、朝6:00が1番早いのですよ。

講師 下田

6:00ですか?遅くないですか?

代表 堀

私たちにとってはそうですね(笑)

6:00に開店しているお店は、駅前のコーヒーショップだけで、それより前に開店しているお店はないんですよ。

講師 下田

それは少なすぎではないですか?正直驚きです!

代表 堀

そうですよね少なすぎます。

夜中の2:00や3:00まで開いているお店は若干あります。

でもやっぱり朝に開店しているお店は見つからないですね。

講師 下田

夜中も4:00までや5:00までなど開店していてくれれば嬉しいのですけどね…。

代表 堀

そうですね…長く開いているお店はないのですかね。

ついでですがお店の情報は僕も収集しているところです。(受講生の方でご存じの方はいないのかな…)

 

行くところがなくて僕はどこにいるのかというと、マンションの下にFamily Martがあるんですけども、そこの、イートインスペースが24時間オープンしているんです。

なので、時間がある際はそこのイートインスペースで作業をしています。

それ以外の時間は妻と子供と一緒の時間を過ごすことが多いですね。

講師 下田

コンビニが近いのとイートインスペースが24時間使えるのは羨ましいです。

代表 堀

ありがとうございます(笑)

僕は運良く、イートインスペースがあるコンビニの近くに引っ越しをしたというか、今住んでいるところ以外にイートインスペースが24時間開いているコンビニが<なかったのですよ。

講師 下田

そのために引っ越したのも凄いですね!

代表 堀

それほど時間が余るのですよ。

そして朝1番で活動したい時に活動場所がないという原因でショートスリーパー ®の朝起きる理由がないとなってしまうと、非常にもったいないです。

講師 下田

よく聞かれる問題ですね。

代表 堀

活動場所がなくてマクドナルドに行くという方が非常に多いかなと思います。

仕事が落ち着いてできる、カフェのような空間があるお店が本当に少ないと思います。

講師 下田

私もマクドナルドに行くことが多かったですね。

活動場所がないという理由で。

代表 堀

24時間化しているお店が増えてきているのは嬉しいことです!

講師 下田

そうですね。

ショートスリーパー ®に優しい世の中になってくれると、私たちも嬉しいですね!

代表 堀

そうですね。

まだ少し肩身が狭いですけど…

講師 下田

少し狭いですね(笑)

やっぱり活動場所として少し便利なのはマックぐらいですね。

代表 堀

そうですね。

近くにイートインスペースが24時間使えるコンビニがない場合はマクドに行くのがいいですね。

講師 下田

マクド…。はい(笑)

代表 堀

マクドくらいしか空いてないですからね(笑)

講師 下田

そう言えば前に渋谷のマックに夜に行ったときに24時には閉店していましたね。

代表 堀

あれ?そうなんですか?

講師 下田

24時間営業ではないマクドナルドもあるので少し注意しないといけませんね。

代表 堀

そうですね。

店舗によって違うのはよくありますからね。

この点は注意したほうがいいですね!

講師 下田

公園で作業とかは難しいですかね?

代表 堀

冬はどうするんですか?冬は無理じゃないですか?

講師 下田

そうですね。

じゃあ、お家はどうですか?

代表 堀

家なら良いかと思います。

もし公園で作業ができるとすれば沖縄くらいじゃないですかね?

冬でも朝に活動できるのは家ですかね?

講師 下田

そうですね。

家は良いと思います。

ですが沖縄だと厳しいですね。

代表 堀

僕達には厳しいですね…。

活動場所が中々ないのが事実です。

ショートスリーパー ®の方はご自宅だったり、出社時間を早くして会社で仕事をしたりですね。ですね。

そういう対応を取っている方が多いかなと思います。

講師 下田

その対応が良いかと思います!

代表 堀

そう言えばですけど、この質疑応答コーナーはあくまで質疑応答をするコーナーであって、回答を必ずするというわけではないはずですよ(笑)

講師 下田
確かにそうですね(笑)
代表 堀

今まで僕らは、回答を求めすぎてたのではないかと。

講師 下田

格好いい風に言われましたけど(笑)

どうなんですかね(笑)

代表 堀

僕がカフェ経営をしない限りはなんとも言えないですけどね。

講師 下田

社長凄いですね!

代表 堀

名前をつけるとしたら…堀乃珈琲みたいな…?

講師 下田

まぁ…。いいのではないですか…?(笑)

代表 堀

完全な禁煙。

スターバックスさんみたいな。

多分リアルに考えると、GAHAKUというか一般社団法人 日本ショートスリーパー育成協会の店舗というか。

事業所を増やせば、そこがある意味落ち着ける空間になるんじゃないかなと思います。

講師 下田

確かに事務所っぽくないですね。

代表 堀

僕がいたい空間を作っていますから、手作りで全部。

講師 下田

そうですね。

代表 堀

ただ、それだけですからね。

講師 下田

緑が沢山とエアコン…

代表 堀

自分で良いと思える空間を作るというのがショートスリーパー ®の回答。

自宅を改造するのに近いですね。

講師 下田

一緒だと思いますよ!

代表 堀

あかんで、あかんで(笑)

答えを求めすぎじゃないかという。

講師 下田

すみません(笑)

代表 堀

今日はこれを余念していきましょうか。

今日はこのくらいにしてやるよ、みたいな…ダメ?

講師 下田

答えのない。

何かもあるっていう。

代表 堀

そうですね。

すみません。

ほんとうにもう…

講師 下田

大丈夫ですよ!(笑)

堀さんありがとうございました!

代表 堀

ありがとうございました!

講師 下田

はい、本日のメールマガジン読者限定質疑応答コーナーは以上となります。

睡眠に関するご質問等ございましたら、お気軽にご連絡下さい!

ご視聴ありがとうございました。

代表 堀

ありがとうございました!

講師 下田

次回の動画もお楽しみに!

 

講師 下田

睡眠講師の私も1日90分睡眠を実践しています^^

自分が自由に使える時間が増えることで、自分のやりたいことが格段に増えて毎日充実しています。

さらに、仕事や勉強でよくありがちな眠気に関する悩みも解決出来るようになりました!

 

そんな短眠メソッドNature sleepの説明会を東京・大阪・札幌・福岡などで行っています。

私もこの説明会に参加しますので、是非お越しください!

 

毎回、「受講してよかったです!」や「セミナーに来て短眠になれる確信を持てました!」という声を多数頂いています。

セミナーの申込みは以下のボタンをクリックしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です