睡眠カフェにショートスリーパー講師が行ってみた

講師 赤木

おはようございます。

一般社団法人 日本ショートスリーパー育成協会の

赤木です。

 

今回のブログは、9月1日に

実際に私が行ってきた

睡眠カフェから考える

睡眠環境について紹介していきます。

睡眠カフェとは?

睡眠カフェとは

NESCAFE(ネスレ日本)さんと

全日本ベッド工業会さん主催の

期間限定のイベントです。

 

ぐっすりコースと、お昼寝コースがあり、

それぞれ時間・値段・睡眠環境が異なりました。

平日、金曜日の夕方に

睡眠カフェに到着したのですが、

どちらのコースも待ち時間があり、

世間の睡眠に関する関心の高さが伺えました。

 

(お昼寝ができる場所が、

東京の一等地にあるという

希少性の高さにもよるかと思われますが…笑)

 

ぐっすりコースの待ち時間が90分だったので、

「その間にグッスリできるじゃないか!」

とツッコミを入れそうになりました。

 

睡眠カフェに入場

お昼寝コースは回転率も早く、

15分ほどの待ち時間で入ることができました。

 

会場内は、静寂な雰囲気に

眠気を誘う間接照明が加わり、

『確かに、初めての場所、かつ、

東京のど真ん中ということを忘れて、

グッスリできそうだ』と納得しました。

 

カフェに入る時に、

簡単な受付を済ませると、

なんと眠気の測定なるものがありました。

 

眠気60%以上の判定が出ると

お持ち帰りコーヒーがもらえるという、

なんとも斬新な企画。

睡眠負債や睡眠不足で

眠気も悪者かのような扱いを受ける

昨今、まさか眠いことで

ご褒美がいただけるとは

思ってもいませんでした。

 

眠気測定に挑戦

さて、その日も安定の90分睡眠で

会場入りした赤木は、

全く睡魔を感じておりませんでしたが、

椅子に座って、

お持ち帰りコーヒーの話を聞くや否や

すぐさま眠気発生モードに切り替えました。

 

目を閉じて、背もたれに体重を掛け、

出来るだけ睡魔を発生させようと試みましたが、

いかんせん時間が短かったようです。

 

数十秒の間に十分な睡魔を

発生させることが出来ず、

眠気の測定結果は、14%

 

「全然眠くないやないかい!!!」と

心の中でツッコミを入れつつ、

係の人の説明を受けました。

 

※赤木の先に受けた人が

12%ということを確認していたので、

30%位は出せるかなと、

高をくくって舐めていたのかもしれません。

 

システムの説明等を受けている際に、

喉仏まで「実は90分間睡眠なのですが…」という

言葉が来てましたが、

そこは、グッと堪えました。

 

※ショートスリーパー ®あるあるですが、

社交性を優先させる典型的な場面です。

 

睡眠カフェでお昼寝

一般的にお昼寝と聞いて思い浮かべる姿は、

休日、昼食から数時間が経った頃、

静かな部屋でまどろんでいる姿では

ないでしょうか。

 

銀座、睡眠カフェでのお昼寝は、

机に座りドーナツ型のクッションに顔を乗せて

突っ伏した状態でとるスタイルでした。

 

背格好だけでいえば、

居眠りと同じような体勢ですね。

 

コーヒーナップ

ここで、睡眠カフェの目玉の一つ、

“コーヒーを事前に摂取しておく”という、

一見普通とは違う行動が入りました。

20〜30分後にカフェインが効いてくるので、

仮眠後すぐにカフェインの効果が現れるよう、

事前に取っておくというものです。

 

弊社でも同じように仮眠前に

カフェインをとることを、

「コーヒーナップ」と伝えています。

 

チョコレートと一緒にコーヒーを嗜みました。

 

僕はNature sleepのカリキュラムによって

入眠が上手くなっているため、

1〜2分で入眠できます。

 

というわけで、ゆっくりとコーヒータイムに

10分費やしました。

 

※30分の制限時間の中、

10分もまったり過ごす人は

少ないのではないかと思います。

 

そして、狙い通り15分程度のお昼寝を

終えて会場を後にしました。

 

睡眠環境

一般社団法人 日本ショートスリーパー育成協会でも、

お昼寝を推奨しております。

 

15分以下の短い仮眠(パワーナップ)をとって、

眠気が飛び集中力が増しますので、

ぜひお試しください。

 

お昼寝に適している環境

お昼寝をするにしても、

どういう環境がオススメなのか?と

気になる人も多いと思います。

 

仮眠をすることに適した環境は、

「力が入らず緊張しない場所」と

回答しています(*^^*)

ポイントは緊張しないこと

例えば、今回の睡眠カフェのような、

静かで明かりや室温も管理された場所ですと、

一見、楽に睡眠が出来そうです。

 

しかし、隣の席の人の様子が気になったり、

机や椅子の高さに違和感を感じたままの人は、

なかなか入眠することに

時間が掛かったかと思われます。

 

※自宅以外の場所で、

日常的にお昼寝をされている方や

細かいことが気にならない方は、

睡眠カフェに行っても、緊張せずに

比較的早く入眠が出来るかと思います。

 

銀座の睡眠カフェは面白いイベントでした

今回の睡眠カフェイベントは

1ヶ月ほどの期間限定だそうです。

 

いつでも開催されているわけではないんですね。

 

世界を見渡しても、トップクラスの

睡眠時間を誇る日本だからこそ、

企画された睡眠イベントだと思いました。

 

また、おそらくターゲットと想定された、

忙しくて睡眠時間が短い方や

眠ることが大好きな方にとっては、

とても興味深いイベントだと思います。

 

睡眠について考える時間が増えることは、

一般社団法人 日本ショートスリーパー育成協会としても、

とてもありがたいことです。

 

これからも睡眠に関する情報やイベント等に

積極的に関わって行けたらと考えています。

 

今回も一般社団法人 日本ショートスリーパー育成協会の

ブログを読んでいただきまして、

ありがとうございました。

 

HPのコラムやQ&Aも睡眠に関する

たくさんの情報を公開していますので、

お気軽に遊びに来ていただけると嬉しいです。

 

SNSも随時更新しています。

ショートスリーパー ®の日常に興味のある方は、

チェックしていただけると幸いです。

>> インスタグラムのフォローはこちら

>> ツイッターのフォローはこちら

講師 下田

睡眠講師の私も1日90分睡眠を実践しています^^

自分が自由に使える時間が増えることで、自分のやりたいことが格段に増えて毎日充実しています。

さらに、仕事や勉強でよくありがちな眠気に関する悩みも解決出来るようになりました!

 

そんな短眠メソッドNature sleepの説明会を東京・大阪・札幌・福岡などで行っています。

私もこの説明会に参加しますので、是非お越しください!

 

毎回、「受講してよかったです!」や「セミナーに来て短眠になれる確信を持てました!」という声を多数頂いています。

セミナーの申込みは以下のボタンをクリックしてくださいね。

2 件のコメント

  • 眠気のコントロール力半端ないですね!

    眠気が数値で表すことができるなんて知らなかったです。

    驚きでした!

    ネイチャースリープってある意味、睡眠学を極めた達人とその弟子達の集まりなんじゃないかと思いました。

    マル秘の極意を伝授して頂いて、修行して一人前になる。

    ネイチャースリープ実践してみて3ヶ月後に睡眠カフェに行ってみると以前とは違う目線でお昼寝できるかもですね。

    ふふ

    以前とは違うのだよ以前とは

    、、、。また遊びに来てしまいました^^;ごめんなさい。

    • ぴょん吉様
      お世話になっております。赤木です。

      遊びに来てくださり、ありがとうございます。

      Nature sleepは、睡眠をコントロール出来るため
      眠りたいと思った時に、眠れることもメリットの
      1つかと思います。

      また、睡眠について、新しい試みなどがあることは
      喜ばしいことだと思いますので、
      これからも”睡眠”と関するものには
      足繁く通っていきたいと思います。

      睡眠学につきましては、
      歴史が浅いこともあり、
      日々勉強だと考えています。

      また、お気軽にコメントいただけましたら、幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です