ショートスリーパー達のサーフィン合宿 in 千葉(本編)

前回の記事でご紹介したサーフィン合宿の前夜祭編に引き続き、極寒の千葉で実際にサーフィンを行った様子、本編をお届けします!

サーフィンは、日本ショートスリーパー育成協会、代表理事の堀がこの数ヶ月ほどで集中的に取り組んでいるものの一つです。

睡眠を極めた男の今後の行く末から目が離せません!

今回の合宿では、堀代表がNature sleepの受講生の方々とともに、サーフィンの日本チャンピオンである豊田さんからレッスンを受けるという内容となっています。

 

いざ戦いへ!!(当日の朝)

昨夜に朝3時くらいまでワイワイ遊んだあと、わずか2時間ほどの睡眠(代表の堀と一人の受講生は30分ほどの睡眠で起床)で起床後、さっそく戦いがスタートいたしました。

戦いと言っても、第五人格というゲームの戦いです。

第五人格とは?

こちらのe-Sportsもサーフィンと並んで、堀代表が真剣に取り組んでいるものです!

簡単にいうと1対4の鬼ごっこゲームなのですが、プレイを始めるや否や、頭がフル回転するので、起床直後に行うと、目覚めが悪い方でも簡単に目がシャキッと覚めます。

 

テーブルサッカー

昨夜散々行ったにも関わらず、翌朝も盛り上がりました。

 

ショートスリーパーは、誰よりも遅く寝て、誰よりも早く起きますので、宿泊系のイベントでは、無理をすることなく、ずっと楽しい状態が続きます。

 

ところで冬にサーフィンできるの?

やっと本題となりますが、そもそも冬にサーフィンってどういうこと?と思われる方が多いと思いますので、簡単に状況を説明します。

とても有難いことに、近年優秀なウェットスーツが開発されており、冷たい海の中でもスーツ内への水の侵入を防いで、とても暖かくサーフィンを行えるのです。

こちらお二人が着ているのが、オニールというブランドのウェットスーツで、サーフィン界のエルメスといったところでしょうか。

外気の気温より水温の方が暖かく、風もないので、海に入っている方が温かいと感じる現象が起こります!

 

実際のサーフィンの様子

この日の千葉は非常に冷え込んでおり、降りしきる大雨と、荒れ気味の波というコンディションの中でのサーフィンでした!

雨が止むようにと祈る受講生の方がいました。

 

ウォーミングアップ

怪我防止、パフォーマンスアップのためのストレッチ指導からのスタートです。海では細心の注意を払って、準備運動をする必要があります。

こちらはボードから立ち上がる(テイクオフ)時の動きの指導です。

真剣な眼差しです。

 

いよいよ荒れ狂う波へGo!!!

 

ついに!テイクオフ!

波を待つ堀代表。

 

 

テイクオフ寸前の堀代表。

 

テイクオフに成功した堀代表。そして波に乗ろうとしている受講生の方。

 

サーフィンを終えた面々。映画アルマゲドンのエンディングを彷彿とさせます。

 

これから暖かくなるにつれて、サーフィンがしやすくなってきますので、Nature sleep受講生向けに、サーフィンイベントを開催していく予定です。

またイベントの様子はこちらのブログで紹介させていただきます!

 

次回予告(最北の地で)

次回は3月中旬に極寒の札幌で開催された、Nature sleep受講生向けの短眠合宿の様子をお届けいたします!

特別に、ある朝4時半の光景を1枚だけ…

乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です