天才、偉人、レオナルド・ダ・ヴィンチと睡眠

おはようございます。 
日本ショートスリーパー育成協会の赤木です。 
 
 
最近ふと、甘い物を摂取することを控えるとどのような 
効果が現れるのかを知りたくて、 
砂糖抜きの生活に挑戦しております。 

 
 
とは言っても、 
極端な思考になって、ストレスを溜める行動に 
走りがちな自分を抑える為に、 
まずは、菓子パンから抜いています。 
 
 
出来れば毎日、毎食でも食べていたい甘い物ですが、 
一先ず、変化を観察してみたいと思います。 
※とりあえず、えいやっ!とやってみる。 
そして、そこからフィードバックを得る。 
もしかしたら、時間がたくさんある 
ショートスリーパーあるあるかもしれませんね。 
 
 
時間と言えば、睡眠時間… 
 
 

天才たちの睡眠時間はいかに

テーマにもある通り、 
本日の主役は、レオナルド・ダ・ヴィンチ 
(ちなみに、日本語訳をすると 
ヴィンチ村のレオナルドさん、だそうです。) 
ですが、まずは、他の天才・偉人の方々を 
見ていきたいと思います。 
 
 

アインシュタイン

アルベルト・アインシュタイン 
言わずと知れた、物理学の天才です。 
相対性理論や舌を出したポーズを 
イメージされる方も多いかもしれません。 

 
 
そんなアインシュタインの睡眠時間は 
 
 
10時間以上 
 
 
ロングスリーパーの代表格のように 
度々紹介されていますが、 
睡眠時間を知ると納得ですね。 
 
 

トーマス・エジソン

発明王の異名を持つトーマス・エジソンは、 
電話機、無線機、白熱電球を 
発明したことで有名ですね。 

 
 
睡眠に関しても言及していて、 
 
 
「睡眠は、時間の浪費に過ぎない。」 
 
 
「朝6時に起き、 
夜中の2時まで働くこと。 
 
これを最初に描いた図面が 
形になるまでやり続けるのだ。 
 
すぐにはうまくいかなくても、 
睡眠時間を減らし、 
起きている時間は 
精魂こめて働くようにする。 
 
このルールを守れば、 
発明家として成功できるだろうし、 
 
もっと言えば、 
どんな分野においても成功できる。」 
 
 
と、実にショートスリーパーらしい言葉です。 
 
そんな、エジソンの睡眠時間は 
 
 
3〜4時間 
 
 
平均睡眠時間が7時間と言われている昨今、 
平均時間の半分とは、とても短いですね。 
 
 

レオナルド・ダ・ヴィンチ

ショートスリーパーの代表格で、 
様々な分野で功績を残した偉人です。 

 
 
美術・医学・建築学・軍事学・航空工学などなど… 
モナ・リザや最後の晩餐で有名ですが、 
実は防壁の建設や装甲車などについても 
高い知識を有していました。 
これは、彼が生きた時代の影響が強いと言われています。 
 
 
先日、東京駅の近くで開催された 
レオナルド・ダ・ヴィンチ×ミケランジェロ展 
に行ってきました。 

 
 
目的は、ショートスリーパーのダ・ヴィンチが 
実際にどういうことをして、 
どういうものに興味があったのか知りたい… 
という、メインの美術というより純粋な好奇心が主でした。 
 
 
そこでは、同年代を生きた2人のデッサンが 
数多く展示されていましたが、 
印象に残ったのは、 
ダ・ヴィンチの多彩さ、好奇心、負けず嫌いでした。 
どの分野でもトップクラスの功績を残し、 
現代の基礎を築いているものもたくさんあります。 
 
 
そんなダ・ヴィンチが20歳以上 
年の離れたミケランジェロにライバル心を 
燃やしていたことを知って、 
何故か親近が湧きました。 
※Nature sleep受講生の中には、 
負けず嫌いの方が多い印象を受けます。 
 
そんなダ・ヴィンチの睡眠時間は 
 
 
90分 
 
 
おそらく、お昼寝もしていたのかもしれませんが、 
それでも本眠の睡眠時間が90分とは、 
自他共に認めるショートスリーパーで 
あったのではないでしょうか。 
 
 

代表理事、堀大輔

日本ショートスリーパー育成協会の 
堀大輔です。 
 
 
美しいものをこよなく愛し 
画家、ギター奏者から 
プラント設計に代表される 
流体力学 
幼児教育の1部でもある 
言語学(バイリンガル教育) 
今年発売された 
速読や 
間もなく発売される 
栄養学(食事本) 
そして、睡眠学 
Nature sleep 
(ショートスリーパーカリキュラム) 
 
 
その他、現在保有している 
未発表のものも含めると 
堀の多彩ぶりも 
興味をもっていただけるかと思います。 
 
 
そんな堀の睡眠時間は
 
 
15分〜45分 
 
 

最後に

ショートスリーパーやロングスリーパーなど、 
極端な人がクローズアップされる傾向にありますが、 
一般的な時間とされている、 
7〜8時間睡眠で生活している人も 
もちろん多くいらっしゃいます。 
 
 
そんな中、今回の美術展に行って、 
過去の睡眠と現代の睡眠について 
調べてみると、 
個人的に現代よりも 
歴史上の人物と紹介される人達が 
生きた時代は、もっと睡眠時間に対して 
寛容であったのではないかと思います。 
 
 
何時間寝なくてはいけない、 
何時間しか眠れない、 
このような発想はストレスを溜めてしまうのかな 
と感じることが多い、今日この頃です。 
 
 
 
今回も日本ショートスリーパー育成協会の 
ブログを読んでいただきまして、 
ありがとうございました。 
 
 
HPのコラムやQ&Aも睡眠に関するたくさんの情報を 
公開していますので、お気軽に 
遊びに来ていただけると嬉しいです。 
 
 
SNSも随時更新しています。
ショートスリーパーの日常に興味のある方は、
チェックしていただけると幸いです。
instagram
twitter


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です