J-CASTニュースに日本ショートスリーパー育成協会代表理事の堀が取り上げられました

講師 赤木

先日、J-CASTニュースに

日本ショートスリーパー育成協会の説明会や

代表理事へのインタビューが記事として

取り上げられ、非常に話題になりました。

取材は出版社を経由し

J-CASTの記者より弊社に連絡を受け、

二つ返事で承諾しました。

 

インタビューを受けた後、

J-CASTの記者にNature sleep説明会にも

参加していただきました。

 

記事も3ページに渡るもので、

インパクトも大きかったと思います。

 

大感謝です。

 

説明会の内容も大変満足して頂いたようで

インタビューと説明会の、

インパクトのあった部分を抜粋して

記事に仕上げていただきました。

J-CAST取材を受けてからの反響

結果として、9割がネガティブな反響でした。

 

インパクトのあるところのみ

抜粋した記事の場合、

より信じられないという状態になります。

 

人は自分が好きなものを否定された時に、

琴線が動くという反射があります。

 

そのため、多くの人が大好きである

「睡眠が短い時間でも良い。

睡眠は短いほうがが健康的だ」

という意見は反論が多数返ってくるのは

当然といえます。

 

もし記事をご覧になって、

気分を害した方には、

「本当に申し訳ありませんでした。」

とお伝えしています。

 

謝るということは誤った情報?

誤った情報や嘘があったわけではなく、

単に「気分を害したこと」に対して

謝罪を申し上げています。

 

正しいことやその人の成長のための

発言だったとしても、

その瞬間に誰かの気持ちが

落ち込んでいるのであれば、

結果はどうであれ、

「落ち込ませた」ということは

良いことではありません。

 

記事は書くだけで読まれるものではない

ここまで反響があるということは、

J-CASTニュースを読んでいる人が

非常に多いということで…。

 

普段、知識や情報を伝えている身として、

本当にすごいことだと捉えています。

 

弊社がコラムを書いても、

当然ながら、J-CASTニュースほど反響はありません。

 

夜中に、ショートスリーパーの息子と

家の中で遊んでいることに苦言を呈する

ご意見も多数ありましたが

息子が能動的に起きているため、

虐待…とはまた違うと考えています。

 

むしろ子供が寝たくない状態で

寝かしつけを行うほうが、

虐待と捉える見方もできます。

 

マジョリティとマイノリティの差分があり、

どうしても少数の行動は

稀有に捉えられて当然だと考えています。

 

短時間睡眠で生活している人は、

弊社の受講生が1,000人を越えていたとしても、

まだまだ世界的には非常に少ない人口となります。

 

 

日本ショートスリーパー育成協会の短眠記事への見解

人は自分が大切に

しているものを否定される、

または別の意見を聞くことで、

大きく感情が動いてしまいます。

 

睡眠を大切だとしている人が、

J-CASTニュースの

ショートスリーパー記事を

読んだとしても、

反感しか出ないというのは、

至極当然なことです。

 

J-CASTニュースの記者が書いた文章が悪いのか?

全くそんなことはありません。

僕は全て任せましたし、

掲載まで一切文章を見ていません。

 

それは悪意がなく、

記者はプロであることを前提の

信頼関係だと考えています。

 

今回も、記者の方が手を抜いたとも思えず、

記者の方が思う、良い内容を書いているはずです。

記者が悪いわけでは全くありません。

 

短眠を許容できない読者が悪いのか?

確かに読者の気分は悪かったかもしれません。

重ね重ねになりますが、

気分を害した方、本当に申し訳ありません。

 

読むことも読まないことも、

読んだあとの感想も自由です。

SNSの投稿も自由です。


というわけで、当然ながら

読者が悪いことはありえません。

 

ショートスリーパーの理論や堀 大輔が悪いのか?

そもそも、発言に”主張”というものが

なくなってしまったら、

その発言に価値はありません。

 

世論と違うことをお伝えすることも

できなくなってしまったら、

世論の成長はありません。

 

また新しい発明もなく、

人は今でも天動説を信じているでしょう。

 

つまり、弊社の理論や私の発言も

また悪いというわけではないかと思います。

 

(悪い部分が0と言っているわけではありません。

反省すべきところもたくさんあります。)

 

そもそもJ-CASTさんの取材を受けるべきではなかったのか?

これもまた極論であり、

少なからず、私の記事を読んで

影響を受ける人がいるのであれば、

それは無意味なことではありません。

 

この世に完全な悪意はないでしょうし、

100%の善意というのも

また難しいと考えています。

 


ただ思うのは、

文字で全てを表現すると、

何十万文字となり、

さすがに読者が疲れてしまいますし、

読む時間も膨大にかかります。

 

つまり、文字情報は

不足している前提があるものの、

それでいて主張がない記事も

存在しないということです。

 

どうしても、読者の目に留まるために、

キャッチコピーやタイトルは尖る…

すなわちインパクトのあるものになります。

 

だからこそ、読み手の価値観や方向性と

記事の内容が合わないという事態が発生して、

場合によっては炎上することもあります。

 

それは悪いこと…というよりも、

一つの事象として捉えるべきで、

見方によっては

非常に面白いものだと思います。

 

マーケティングをしている人は、

これらも全て計算に入れて

行動しているのでしょう。

 

普段ショートスリーパーの取材は

断っているのですが、

やはり食わず嫌いをせず、

取材でもなんでも経験すべきだと学びました。

 

今後は出演のオファーがあれば、

ドンドン出演していきたいと考えています。

 

情報を良し悪しや好き嫌いといった

二元論にまとめず、要約された記事に

敵意や妄想を持たない重要性も再認識しました。

 

終わりに

今回の取材でも、多くの学びがあり、

その学びをより多くの人に

感じていただきたくコラムとしました。

 

日本ショートスリーパー育成協会は、

睡眠を決して悪として

捉えているわけではなく、

睡眠をコントロールできるようになると、

人生の負担が軽くなると考えて行動しています。

 

またご興味があれば、

日本ショートスリーパー育成協会まで

お気軽にご連絡ください。

 

「コラムを読んで電話しました」

とご連絡いただきますと、

スタッフ一同喜んで対応させていただきます。

 

どうかこれからも

末永くよろしくお願いいたします。

 

↓J-CASTニュースの記事はこちら↓

>> https://1lejend.com/c/eGzq/qbAy/1BVVg/

 

講師 下田

睡眠講師の私も1日90分睡眠を実践しています^^

自分が自由に使える時間が増えることで、自分のやりたいことが格段に増えて毎日充実しています。

さらに、仕事や勉強でよくありがちな眠気に関する悩みも解決出来るようになりました!

 

そんな短眠メソッドNature sleepの説明会を東京・大阪・札幌・福岡などで行っています。

私もこの説明会に参加しますので、是非お越しください!

 

毎回、「受講してよかったです!」や「セミナーに来て短眠になれる確信を持てました!」という声を多数頂いています。

セミナーの申込みは以下のボタンをクリックしてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Nature sleep

短時間睡眠習得率No.1 日本で唯一のショートスリーパー育成カリキュラム 日本ショートスリーパー育成協会