ショートスリーパーの山の日の過ごし方

7月は海のイベントが非常に多く、ハワイや海の日のブログをアップしました。

2018/08/11は山の日ということもあり、受講生の方と山に行ってまいりました。

そのときのことを睡眠のノウハウと共に、お伝えできればと思います。

ショートスリーパーは季節行事を大切にできる

あくまで私の個人的な意見ですが、季節行事は非常に大切だと考えています。

海の日には海、山の日には山といった形で、その時々に縁の行動をすることで、話題にもなりますし、記憶にも残りやすくなります。

これからの人生において、海の日や山の日という日付を、あと100回迎えることは非常に難しいと思います。

一日一生とまでは言わないにしても、毎日を大切に生きることは非常に重要だと考えています。

山の日のスケジュール

では、ショートスリーパーの受講生の方々と登山や温泉に行った山の日ですが、一日のスケジュールを写真とともにお伝えしたいと思います。

朝9:00に御嶽(みたけ)駅に集合

朝9時に御嶽駅に着くためには、渋谷駅を7時前に出発する必要があります。

前日、1時過ぎまでオンライン授業を行っていて、その後の事務作業などをして、帰宅したのが3:30頃。

その後、入眠の準備やシャワーなどを浴びて、40分ほどの睡眠をとって、4:30に起床。

メールチェックや返信、企画書の作成、修正など1時間半ほど行ったあと、準備をして渋谷駅まで移動という感じのスケジュールでした。

下田咲桃講師のお母さんと息子さんも、一緒に行くこととなり、4人で電車に乗って出かけました。

10:00〜 ロープウェイやリフトウェイを楽しむ

三嶽駅に集合した後、登山…と思いきや、バスで、山まで向かい、そしてロープウェイにて山頂付近まで登りました。

もちろん山道を行っても良かったのですが、色んな体験をしたほうが思い出に残ると思い、ロープウェイやリフトを使いました。

ロープウェイは20人以上乗れましたが、リフトは一人ずつ。リフトに関しては、スキーやスノーボードのときに乗るようなものをイメージしていただければ、わかりやすいと思います。

身長155cmの下田講師でも足がギリギリなくらいの高さで、ほぼ恐怖もなく、優雅に山頂付近まで行けました。

料金も100円とリーズナブルでした(`・ω・´)

 

12:00 山頂で記念撮影

山頂付近、山を背景に受講生の方と記念撮影。

山の日を謳歌しています。

13:00〜下山途中の急な雨で雨宿り

そこから、武蔵御嶽神社に立ち寄り、手を合わせた後、一度下山をしつつ日の出山という隣の山に向けて登山をしました。

武蔵御嶽神社や日の出山の山頂のちょうど屋根のあるところで、雨が降り出したので、雨宿りをしてやり過ごしつつ…かなりゆったりとしたペースで登山ができました。

一番元気だったのは、7歳の下田講師の弟でしたね…。

どの山道も、一番前を突っ切っていました。

14:00〜つるつる温泉で3時間の温泉

日の出山の山頂から、つるつる温泉までの下り道がなんと3.3kmもあり…(標高は902m)想像以上に体力を使いましたが、全員休憩なしで、下山しました。

堀は完全に山を歩く格好ではなかったのですが、なんとか挫けずに降りきることができました。

(半袖、ハーフパンツに、足元はサンダルという暴挙…)

温泉の看板を見た時、正直ホッとしたのは内緒です。

なお、このつるつる温泉ですが、名に恥じないほどつるつるの肌になりました。

温泉の成分が多いためか、温度はさして熱くないのに、汗が吹き出してきました。

お食事どころも完備されているのと、休憩所として、大きなスペースもありました。

受講生の中には、パワーナップ(15分以下の短い仮眠)をとったり、下田講師はアーユルヴェーダを受けたり、下田さんのお母さんや女性受講生の方はマッサージを受けたりと、全員リラックスできる時間を過ごしていました。

堀は下田さんの弟さん(7歳)と、ひたすら水遊びをしていたため、1時間半以上お風呂場で過ごしていました。

山に入ることによって得られる効果効能

フィトンチッドについて

日記のような内容だけになっているので、少し情報を記載します。

フィトンチッド(phytoncide)とは、微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質植物が傷つけられた際に放出し、殺菌力を持つ揮発性物質のことを指す。

森林浴はこれに接して健康を維持する方法だが、健康だけでなく癒し安らぎを与える効果もある。フィトンチッドはその殺菌性や森林の香りの成分であるということから良いイメージがあり、森林浴の効能を紹介する際に良く用いられている。(Wikipedia フィトンチッド)

このように、大自然に包まれた山や森林には、フィトンチッドという物質が溢れているため、身体内の微生物やウィルスなどを撃退する効果が期待できます。

フィトンチッドは、トリコといった漫画や、ニュース番組、情報バラエティなどでも紹介されており、昨今注目されている化学物質といえます。

睡眠にはどういう影響があるのか?

普段動かさない部位を動かすことによって、好転反応とまでは言わないにしても、体調を崩してしまうこともあります。

実際に、登山や海水浴などの後に、多くの受講生が頭痛などでつらい思いをすることがあります。

これだけ見ると、悪影響のように見えるかもしれませんが、むしろ動かしていない部位や、流していない血流が身体の中で悪さをする前に流すことによって、将来的な病気などの予防につながると考えられます。

また、前項のフィトンチッドによって、流れている悪性のウィルスや病原菌を減らす効果も期待できるため、定期的に登山をすることは健康にとって大きなメリットがあるように感じます。

しかし、無理をしたり、堀のような軽装で山登りに挑むと、最悪大怪我や事故、後遺症が残るような危険などもあるため、しっかりと装備や体調管理をして登山をするようにしましょう。

山の日から日付は代わって…

無事に受講生や講師一同、怪我もなく帰宅できました。”無事”というのが、旅において一番重要なことだと思います。

「ガガーリンが無事に帰ってきたから、宇宙飛行士はみんな月に憧れている」

といったことを、宇宙兄弟の弟さんも言っていました。

大きな怪我や事故は楽しい思い出を一瞬にして暗いものに変えてしまう場合もあります。

“楽しい”を満喫するために、必ず”安全”をある程度確保するようにしましょう。

(サンダルで登山をする人に言われたくないかもしれませんが><)

夜中0:00〜3:30までオンライン麻雀

そして帰ってきた後、爆睡する…と思いきや、登山に参加した受講生の方を含めて、深夜のオンライン麻雀をはじめました(`・ω・´)

疲れてて、すぐに終わるんでしょ?と思われそうですが…

実際には、全員が負けず嫌いを発揮し、3時半まで対局を続けていました。

写真は午前2時46分時点の状態です。

やはり山の日も、ショートスリーパーならではの、非常に長い一日となりました。

僕の長い遊戯に付き合ってくださった受講生のみなさん、本当にありがとうございます><

このような形で、受講生の方と定期的に遊びに行ったり、やり取りを行っています。

まだまだ世間の認識的にも、ショートスリーパーでいることは肩身が狭いのですが、こうやって受講生の方一人ひとりと、濃いお付き合いができることを非常に嬉しく感じています。

一日24時間を、長く満喫することに興味のある人がいらっしゃいましたら、押し売りなど一切ありませんので、気軽にショートスリーパー育成協会の運営する説明会にご参加ください。

講師一同、真摯に睡眠の話をさせていただきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です