フジテレビ「よく元気でいられますね!?」に代表理事の堀大輔が出演しました

日本ショートスリーパー育成協会 スタッフの樋口です。

新年1/3の深夜26:09~放送されたフジテレビの「よく元気でいられますね!?」という番組に、代表の堀が出演しました。

なんと風呂場にまで潜入するほどの密着…

「トイレに入っても、お風呂に入っても、寝てるんじゃないですか?と聞かれた」と堀は言っていました。

そこで、全てフルオープンの状態にして密着してもらったとのことです。

なお…トイレと言っても…

トイレ掃除の現場まで密着されていました。

時間が深夜2:27という…芸能人の方も、「2時半にトイレ掃除してる…」と驚いていました。

今回、関東のみ放送だったため、観られなかったというお声も多数いただいたので、今回、スタッフから見た印象をブログにて放送された内容を振り返っていきたいと思います。

密着取材やスタジオロケはずっと大爆笑だった

普段の堀の授業や説明会も本当に面白く、数分に一度は笑いが起こることで有名です。

また、前の密着取材のときなども、カメラマンの人と一緒にボードゲームをするなど、周りの人を巻き込んで楽しい雰囲気にする力が堀にはあると思います。

今回も、一週間近くの密着取材で、ディレクターの方やADさんも何度も会社に来ていましたが、終始笑顔で堀と話をしていたことが印象的でした。

堀は“1日30分しか眠らない男”として、スタジオに登場して紹介をされ、すぐにVTRへ。

いつも堀が言っていることですが、ショートスリーパーとは、眠気をコントロールして、入眠や起床に悩まない人…とのことです。

堀は眠気をコントロールして、睡眠状態と覚醒状態のメリハリをつけているそうです。

当然、車の運転でも眠気なし。車の運転をしているだけなのに、パネラーの皆さんが定点カメラからはみ出るほどの大笑いをしています。

ディレクターの方から「コーヒー飲まないですか?」と言われて、断っているのが印象的でした。

堀は車の運転の眠気対策に、コーヒーなしで、問題ないということですね。

また、ディレクターの方がすべての収録を終えた後、

「カメラ全部確認したんですが、堀さん、あくび一回もしていないです…」

と言っていたそうで、まさに23時間以上、一週間以上活動していても、眠気をコントロールしている姿をスタッフの方にお見せした形になったと思います。

堀がいつも言っていることですが、毎日とる睡眠に悩まないということはどれだけ幸福なことか…

「眠りに怯えている人が多いのをなんとかしたい」といつも堀は言っています。

堀は、「ただ起床しているだけ」と言っていましたが、起きるだけで人を爆笑させられることにスタッフも驚きでした。

小峠さんに殺し屋の起き方と形容されていました。

スタッフもびっくりの起床の速さでした。

テレビを見た受講生の方からも、

「寝起きがいいと聞いていましたが、あそこまでとは…」とメッセージが来たほどです。

個人的にはこの寝癖っぷりが、堀の熟睡具合を物語っていると思います。

それにしてもパネラーの皆さん、爆笑しっぱなしですね。

自宅、会社、サーフィン、病院での検査といった様々な場面が切り取られていました。


堀がSNSに病院の検査の画像をアップしたところ、

「堀さん、事故ったと思った!」というリアクションが多数寄せられたそうです。

たしかに、この映像を見ると、重症患者に見えますね…。

 

スリープクリニックで睡眠の脳波や堀の睡眠状態を測定…

ショートスリーパーを目指す人であれば、誰もが気になる診断結果ですが…

異常なし!

とのことでした。

日常生活から、このように睡眠時のあらゆる角度を検査した結果、なんの問題も見当たらないとのことです。

これから、睡眠時間を短くしようと考えている人にとって、大きな朗報ではないでしょうか。

堀の出番が終わって立ち去るときに、医師の方々や芸能人の方々に手を合わせてお礼をして立ち去る姿が印象的でした。

SNSでも、「丁寧な人だと思った」といった投稿をしているのを見て、スタッフとしても嬉しくなりました。

テレビの放送直後に、堀がTwitterを更新していました。(画像クリックでTwitterに飛びます)

ここでも、密着してくださったスタッフの方にお礼の挨拶をしています。

堀は短時間睡眠を推奨しているので、勘違いされることも多いのですが、睡眠を否定しているわけではありません。

多くの人の睡眠の悩みを解決した結果、短眠を選択する人は、短眠になればいいと言っています。

田中先生の著書も堀は読んでいて、今回テレビで共演できたことを心から喜んでいました。

田中先生も、「ぜひ来年からもうちのクリニックに検査においで〜」といった形で提案してくださったと言って喜んでいました。

テレビを見た感想

私、樋口としては、今回のテレビで多方面から診断を行い、明確に異常なしと診断されたことが印象的でした。

そして、睡眠という分野に、一石を投じる結果だったように思います。

これから、堀のようなショートスリーパーが世の中に出ることで、不眠症に悩んでいる方が、少しでも「睡眠時間、そんなに長くなくてもいいかも…」と思っていただけるようになれば、本当に大きな価値があるのではないでしょうか。

1月9日に、睡眠の常識はウソだらけという本を発売します。
(画像クリックでAmazonのページに飛びます)

堀大輔が睡眠に対して悩んでいる人が一人でも減るように…という願いを込めて書いた本です。

ぜひ「睡眠をとらないといけない」と思っている人は一度目を通していただければ、新しい睡眠の捉え方ができると思います。

これからも日本ショートスリーパー育成協会は、人々の睡眠を少しでも楽にする取り組みをしていきたいと考えていますので、どうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です