不食の秋山佳胤弁護士とコラボレーションセミナー

2018/10/21、
四谷にある船井総合研究所のセミナールームにて、にんげんクラブ様主催のもと、秋山佳胤先生とコラボレーションのセミナーを行いました。

結論から申し上げると、大盛り上がりで感動して涙を流していただける方もいらっしゃいました。

私としてもセミナーの開始前から終了後まで、本当に至極の時間を過ごさせていただきました。

にんげんクラブ様とのお付き合いは、2018年の4月に秋山先生にゲストとして呼んでいただいたときからとなります。

今回は、秋山先生と二人で行うセミナーとして、私自身のショートスリーパー®たる活動のお話や、今している食生活の話、普段しないような精神性を伴った話などを毎月させていただいていました。

今回ははじめてのコラボレーションです。ブラックボードや事前告知していた時間配分とは大きく異なり、ほぼすべての時間、質問に対して秋山先生と僕の考えをお伝えするという形で展開しました。

秋山佳胤先生はどのような内容をお話したのか?

不食の弁護士という形で非常に有名な秋山佳胤先生ですが、今回は不食に関する話は全体の1%くらいで、素晴らしい音楽の演奏と、昨日まで皇室に4日間入っていたときの皇帝陛下や、皇后陛下とのエピソードをお話していただきました。

天皇陛下は不休で、非常にお忙しい生活をされているとのこと。

御公務よりも御会釈を非常に大切になさっていて、秋山先生がご挨拶したときも本当に御丁寧に御礼くださったことなど、本当に心温まるお話を賜りました。

来年4月に、譲位が決まっているので、今は以前に比べて楽な御気持ちで御公務されているとのことです。

秋山先生のお話は、奏でる音楽も含めて良い意味?で子供の無邪気さが伴っているようで…聞いていて感情が大きく揺れる感覚があり、普段とは全く違う感情の状態になっている実感があります。

堀 大輔はどのような内容を話したのか?

私が来ていただいている皆様に提供できることと言えば…

ショートスリーパー®のことですね(笑)

  • 堀大輔の実生活
  • 妻と息子の睡眠時間や、普段の生活について
  • テレビ取材の裏側
  • 堀大輔の小学生、中学生、高校生、その後の就職について…(赤裸々にお話しすぎました)
  • 堀大輔の両親との関係
  • 現在の堀大輔の食事量やその食事の理由
  • 起きている間、ずっと愛を感じるためには
  • なぜ今、筋トレをしているのか
  • なぜ今、サーフィンにハマっているのか(笑)
  • 不眠症とショートスリーパー®の関係

といったことをお話しさせていただきました。

なかなか自分の過去や内面性をお話することは少ないので…堀大輔という人間をどのように見ていただけるかが、ある意味満足度につながったような気がします。

僕自身は自分から話すことは少なく…結局、秋山先生が色々なご質問をしていただいて、それに回答する形と、来ていただいている方からも、質問をしていただいたことに回答するという形で進行しました。

4時間弱という時間でしたが…一瞬で時間が過ぎ去ったように感じますし、来ていただいている方も、あっという間と言っていただきました。

たくさん記念写真も撮影していただいたのですが…シャイな僕としては、その写真をくださいと言えなかったですね(笑)

次からは僕にも写真をくださいと、言うようにしていきます(> <

外部セミナーを行っていく予定はあるのか?

にんげんクラブさんで行ってきた短眠セミナーや秋山先生とのコラボレーションセミナーなど、基本的にお声がけいただいたら、二つ返事で公演させていただいています。(予約の時点で10名以上お越しいただけるという条件で…ですね)

なので、今度は沖縄での公演もありますし、お声掛けいただいた企業様で説明をさせていただくこともあります。

睡眠に悩んでいる人が周囲にいらっしゃる方や、従業員の方に睡眠について教育をしたいという場合など、ご要望がありましたら、ぜひ気軽にお声掛けいただけると、出し惜しみせず伝えられる情報を一生懸命お話してまいります。

ぜひ気軽に事務局までご相談ください。

まとめ

秋山先生は食事の条件付けを外して…

私、堀大輔は睡眠の条件付けを外して…という形で、今回のセミナーはお話させていただきました。

秋山先生お一人でお話する時よりも少し理論的に…堀大輔一人でお話をするときよりも少しハイコンテクストなお話となって、面白い形でブレンドしてお届けできたと思います。

2019年の7月13日から15日まで秋山先生と僕とが参加する、合宿も企画しています。

 

またこれからも、いろいろなところでイベントやセミナーなどをさせていただくこともあると思います。

変わった生活をしている自覚はあるもので…いろいろなご意見も頂戴しますが、個人的には楽しく生きていますね。

これからもどうか末永くよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です