臨時セミナー

講師 赤木

おはようございます。

日本ショートスリーパー育成協会

Nature sleep講師 赤木 新吾です。

今回は「臨時セミナー」についてお話します!

ご招待いただきました!

先日、東京福岡県人会の勉強会で

セミナーを開催させていただく機会を

いただきました。

 

いつもと違う場所・規模で

セミナーを行って感じたことと

その後の懇親会の様子を

お伝えしたいと思います。

 

アクシデント発生!

当日はスタート30分前に

会場に到着しました。

 

事前に担当の方に準備をして

いただいていたため、

赤木が行う作業は

「プロジェクターと自前のパソコン

繋いで動作確認を行う」だけでした。

 

会場に到着すると担当の方へ

挨拶をしました。

 

「よし、あとは動作確認をして、

来場者の方と談笑だ♪」

 

意気揚々とプロジェクターと

パソコンの動作確認をしていると

いかんせん上手くいきません。

 

プロジェクターを触り、

パソコンを触り、

原因はパソコン側にあり、

直ぐに直すのは難しそうということが判明。

 

その時点で、残り時間10分。

 

会社から代替機を持って来てもらうことは

難しいということで、

サポートの方のパソコンをお借りして

事なきを得ましたヽ(´ー`)ノ

 

備えあれば憂いなし 

ですね!

 

臨時セミナースタート

時間ピッタリにセミナーが

スタートしました。

 

 

普段のセミナー時間は約2時間半なのですが、

今回は1時間でした。

 

大切なポイントを抑えつつ、

質疑応答は懇親会という流れで

考えておりましたので、

情報過多にならないように注意しました。

 

が、しかし、

テンションがみるみるうちに上がり、

 

みんな同郷

という県人会モードを発揮。

 

結果的に情報量の多い、

ぎっしり詰め込まれた内容となり、

少し睡魔が発生しやすい状況だったかと思います。

 

※睡魔に精通している身として反省しております。

 

時間と人数の関係

通常よりも短い時間で

通常よりも多い人数。

 

このような貴重な機会はあまりないので、

たくさんの気付きを得ることが出来ました。

 

その中で1番印象に残ったことが

雰囲気作りでした。

 

今回はセミナーのスタート前に

話をすることが難しかったため、

セミナー中に雰囲気を盛り上げていくことが

大切でした。

 

Nature sleepのセミナーは、

疑問に感じたら、

その場で質問というスタイルを取っています^_^

 

この質疑応答がセミナーの雰囲気に

大きく関わってきます。

 

今回は、赤木が情報量を

たくさん伝えたいというスイッチが入り

質疑応答が行いづらい

雰囲気を作ってしまいました。

 

今回の気付きは、

雰囲気作りのために大切なことの1つは

自己コントロール!でした^_^

 

懇親会

結果的に時間を押してしまい、

質疑応答時間が短くなってしまいましたが、

懇親会では出席者全員と、

話しをすることが出来ました。

 

お酒の席では、

よりプライベートな相談や

具体的な質問を受けることが出来るので、

とても濃い時間を過ごすことが出来ました!

 

今後に続くお話なども頂くことが出来ました^_^

 

これから、臨時セミナーとして企業様からの

お問合わせも増えていくかと思いますので、

1人でも多くの参加者の方に満足して

いただけるように、

日々研鑽を積んで参りたいと思います!

 

それでは、本日も最後までご覧頂き

ありがとうございました。

講師 下田

睡眠講師の私も1日90分睡眠を実践しています^^

自分が自由に使える時間が増えることで、自分のやりたいことが格段に増えて毎日充実しています。

さらに、仕事や勉強でよくありがちな眠気に関する悩みも解決出来るようになりました!

 

そんな短眠メソッドNature sleepの説明会を東京・大阪・札幌・福岡などで行っています。

私もこの説明会に参加しますので、是非お越しください!

 

毎回、「受講してよかったです!」や「セミナーに来て短眠になれる確信を持てました!」という声を多数頂いています。

セミナーの申込みは以下のボタンをクリックしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です