夢や目標のない人ほど短眠になるべき

代表 堀

夢や目標がいっぱいの人は、

時間が足りないから

短眠になった方がいいと

思うかもしれません。

 

短眠になった後の世界を知る私は、

夢を見つけられていない人ほど、

短眠を習得すべきべきだと思っています。

 

夢は探さなくていい

短時間睡眠になると、

想像以上にたくさんの時間が増えます。

 

ただ、必ずしもこの増えた時間を、

有意義な時間や、

自分を向上させるために

使わなくてもいいと思っています。

 

例えば、今、情熱的に

仕事や夢に向かって行動している人は、

その取り組んでいる行動に、

初めから情熱を持っていたか?

 

という質問をすると、

ほとんどの人がNOと言うと思います。

 

普通は何気なく始めたことに、

無意識のうちにハマっていき、

どんどんそこから

情熱が生まれていくものだと思います。

 

自分は何に向いてるんだろう、

何をすべきなんだろうなんて考え続けても、

殆どの場合、答えは生まれません。

 

むしろ、時間が経過して

選択肢が少なくなって行きます。

 

後悔しない為には

ただ、何も答えが生まれないからといって

無駄なわけではありません。

 

哀しいことが無駄ではないように、

誰かに無駄だよと

言われることでは気づきが浅く、

自分で考え抜いて考え抜いて、

無駄と気付くほうがよっぽど

価値があるように思います。

 

このように、非生産的とも思える無駄なことを、

なるべく早いうちに、多く経験しておくことが、

後悔しない人生には必要だと思います。

 

また、最終的に、一つの道を志す時に、

たくさんの経験がその道を

補強してくれることになります。

 

今までの行動が、今の自分を作っている

私は、スタジオミュージシャンを経て、

油絵画家になり、ギターやベースを作成し、

化学プラントの設計をして、

速読の達人としてテレビに出演してから、

短眠を人に伝える仕事をしています。

 

全て自分のしたかったことかと言われると、

そうではなかったと思います。

 

ですが、一つ一つに時間をかけて、

一生懸命取り組んできました。

 

全ての職歴が、

今の僕にとってなくてはならない

スキルになっていると思います。

 

故・スティーブ・ジョブズが2005年、

スタンフォード大学の卒業式で

行ったスピーチではありませんが、

全ての点が線でつながることになると思います。

 

であるならば、今やりたいことがない人ほど、

たくさんの点を打てる限り

打っておいたほうがいいと思うのです。

 

人が眠っている間に、

一生懸命時間を使って取り組んだ活動は、

自分が情熱を持てるナニかができた時に、

きっと大きな支えとなってくれます。

 

おわりに

以上のような理由からも、

夢や目標を今持っていない人ほど、

短眠になって幅の広い経験値を

生み出せると考えています。

 

短眠になった後に

広がる世界のことが知りたい人は、

ぜひたくさんの体験談を聞いている

Nature sleep講師に

お気軽にお問い合わせください。

 

経験豊富なスタッフが、

あなたに最適と思う実話を

一生懸命お伝えさせていただきます。

 

講師 下田

睡眠講師の私も1日90分睡眠を実践しています^^

自分が自由に使える時間が増えることで、自分のやりたいことが格段に増えて毎日充実しています。

さらに、仕事や勉強でよくありがちな眠気に関する悩みも解決出来るようになりました!

 

そんな短眠メソッドNature sleepの説明会を東京・大阪・札幌・福岡などで行っています。

私もこの説明会に参加しますので、是非お越しください!

 

毎回、「受講してよかったです!」や「セミナーに来て短眠になれる確信を持てました!」という声を多数頂いています。

セミナーの申込みは以下のボタンをクリックしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です